FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
DVD 『13階段』
2006 / 11 / 16 ( Thu )
映画も見た。反町隆史(?)とかとかとか。

そう遠くは無いけど、近くも無い映画になっているように思えた。

山崎務(?)とか、アニメの『怪物くん』の狼男に似ている役者さんとか、なかなか渋い配役でよい。そこは。

『ハムの人』の別所哲也が、でっぷりと太っていたことがショックではあった。私は、台風は仕方ないけど、風が吹いたら飛んで行きそうな痩せすぎの人は苦手だ。生死に関わるような病気かもしれないと心配になるから。理想は、私が7割の力を出して体当たりしたときに、受け止めて転げてくれる人か、ぼんっと跳ね返してくれる人。痩せすぎすぎの人は、私の体当たりに耐えられず、私の下敷きになるんじゃないだろうかと思うと、階段を上るときも、「私が落ちてはいけない」という緊張感を持ち続けなければならない。それがしんどい。元来、頭の中にもちょうちょが飛んでいるような私なので…。話が逸れたが、別所哲也は、ずぅっとすきだった。高校生くらいのころから、つい数年前までは。太ってもすきだった。でも、この『13階段』では、首のラインというか、あごのラインが、嶋大輔とか竹内力ばりにでっぷりがっつりぼっちゃり…。竹内力のたれ目は好きだけど、ちょっと悲しい。そう、この別所哲也の変化にも耐えられる。

映画よりも原作の方が、結末が好きだ。

つるべさんも出ている。つるべさんは別に嫌いではないし、彼のキャラのために、彼が現れると、何となく明るく感じられる。でも、大阪弁が原作に合わない気がした…。

映画化されるものって、設定が変わってしまうことがおおいなぁ。弟が妹になっていたし、お母さんはいなかったし、息子が娘になっていたし…。結末が変わるのは、ロープレみたいで、それも楽しみの一つなのかもしれないけど、原作の持つ爽快感がなかったな。



さ・さむい。
キーボードを打つ手が凍えている…。

スポンサーサイト
19 : 00 : 11 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<やっと!でありますように… | ホーム | がんばらなきゃ。>>
コメント
----

13階段は映画観たかったんだけど、結局まだ見てなかったな~とこの記事を見て思い出しました(^^;
原作と設定が違うのって結構ありますよね。わざわざ変える必要あるの!?って思う作品もありますが。。

しっかし、本当に寒いですね><
私も指が震えて、思うようにキーボードが打てませんょ;;
by: cui. * 2006/11/17 02:09 * URL [ 編集] | page top↑
--きょうは、打つ手--

きょうは、打つ手は話した?
でも大阪にtaikoと設定したかった。
でもtaikoで、レへ変化したかも。
でも大阪に病気したかったの♪
でも大阪に話しないです。
でもtaikoと話した?
by: BlogPetのラスタル * 2006/11/19 17:01 * URL [ 編集] | page top↑
--cui.ちゃん!--

ごめんなさい!遅くなって!
マイ・バイオが壊れかけ~!!!
ショックすぎる!!!

13階段は見てみてください。まぁ、楽しめるというか、考えさせられます。小説の方がいいけど。

風邪、ひかないでね!!!
by: taiko * 2006/11/20 12:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runruntaiko.blog60.fc2.com/tb.php/305-13687f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。