FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
年相応
2006 / 10 / 05 ( Thu )
今日はお休み。

でもちょっとブルー。


昨日の授業でのこと。
最近、入ってきた生徒。
何だか、どんよ~りして、そう、どろーりとしていて、すっきりしない子がいる。

うちの塾では、下の名前で呼ぶことも多い。人数もそんなに多くないから、気軽なのかな。
下の名前で呼ばれることに抵抗のある子もいるだろうから、まぁ、いいんだけど、人数の少ないそのクラスで、「ワカメちゃん」「イクラちゃん」「ハナコちゃん」「カオリちゃん」と呼んでいるので、つい下の名前で呼んでいた。数日後、「下の名前で呼ばれたくない。」と言いに来た。わかった~と返事して、授業中も呼びにくいこと。名字が長いんだよ!とつっこみつつ。

昨日、いや、いつもだけど、先生が暗いとどうしようもないし、英語の授業だから、テンションを高めて、授業に入る。ところが、この子が言った。

「先生、30過ぎて、そのテンションでいいん?」と、どろりと。

瞬間、周りの子たちが凍りついた音が聞こえた。

「いいのーっ。」

と笑って答えながら、心の中で元気が3割ダウン。



私は、年齢を隠すのが嫌いだ。
若いことがもてはやされる日本という社会、いや、そんな大きくせんでもいいや。うちの会社はそう。うちのタヌキはそう言い放つ。「若いこと=最良」と。
確かに若い間は、体力も元気もあって、女の子はきれいでいいだろう。
でも、年をとったら不要という雰囲気が嫌い。
だけど、だからといって、生徒の前でも年を鯖読んだりすることがどうしてもできない、したくない。
だから、年を訊かれたら、素直にいつも答えてきた。


子どもの中に、年と生活を結びつけるような発想はないと私は思う。
ということは、この子の言った言葉は、親がこの子に言った言葉なんだろうと思うと、とてもぐるぐると嫌な気分になった。


ぁぁぁ、いやな感じ。


この子、女の子なんだよね。

他の子達は、お姫様みたいな発言でかばいあってたりするし、男の子たちはあっけらかんとしてるだけで、最近などは、下の名前であだなのつけあいをするくらい、謎のノリになっている。
「カツオはカツカツ。先生はタイタイなー。俺は、サブサブ。」
「だっせーー!」
これはこれでどうかとも思うけど、さっぱりしてるから、授業してても楽しいんだけどな。


ぁぁぁぁぁぁぁ、みんな年をとるのに。



スポンサーサイト
14 : 59 : 08 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<『きみに読む物語』 | ホーム | 勉強になった>>
コメント
----

年齢で自分のことを縛っちゃうのは、もったいないですよね。そんなこと考えなかったら、どんなに世界が広がるか。
ちゅ~か、世の中のもっとテンション高いおばちゃんらはどうする!!ですわ。
「女の子はお姫様みたいな発言でかばいあう」ってなんかわかるなー。大人になっても女の子ってそうですよね。
by: ゆら * 2006/10/05 17:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

自分の言った言葉は必ず自分に返って来ます。
その子は10年後、20年後、きっと自分の言ったことを後悔すると思います。何の得もない言葉だと思うんですけれど(損得の話ではないですが)。
私は最近は自分の年齢をあまり気にしなくなりました。「別に知られてもいいや~」っという感じです。
by: 斐織 * 2006/10/05 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

わたしは苗字じゃなくて名前で呼んでもらったほうが嬉しいのになぁ。
先生も、「勉強を教えるだけの人」じゃなくてタイコさんのようにコミュニュケーションをはかってくれる先生がいいですw テンション高いほうが楽しいですよ(^v^)
人間って、その時その時で輝いてると思います。10代は若くてハツラツ(?)としていて、いいなぁ~戻りたいって思うし、30代は大人~な感じがして、早くなりたいなぁ~って思います♪
by: yuki * 2006/10/05 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

ゆらさん

限界を決めるのは何故なんでしょう。すごく多い。限界を決めて、仕方がないと諦めて、自分を守っているのかな・・・。それは分かる気もするんですけど、この子のように、女だからとか、年だからとかそういう、変えようが無いことで決め付けられると悲しいなぁ。
でも、色んな偏見があって、時々、疲れてしまいます。
望むと望まざるとに関わらず、テンション高くしないといけないから、必死で高めて(孫ゴクウばりには無理ですがw)るのに・・・と心でぼやいてしまいます。





斐織さん

年はとるものだし、何も恥ずかしいことをしたわけではないし、自分で自分を貶める気がして、絶対に隠したくないんですよね。
姿勢をよくして、「おいくつですか?」と尋ねられたら、「121歳です!」と元気に答えたいと思ってみたり。





yukiさん

体力的には24がベストだった気がします。20代で無茶をしないように(お肌に対して)すれば、ちょっとましな気がw
分かってくれる誰かが隣にいてくれれば、何もこわくないのにな。
yukiさんのコメントを読んで思ったのは、自分に自信が無いことが一番の問題なのだということ。自信のある三十路女になれるように今からでもがんばろうw
私も時々、この人が生徒だったらどう接するか想像して楽しんでいた入りします。

by: taiko * 2006/10/06 04:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runruntaiko.blog60.fc2.com/tb.php/266-6f6dcba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。