FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『麦の海に沈む果実』
2006 / 10 / 05 ( Thu )
どんな結末を望んだのだろう、私は。

途中で、理瀬の素性が想像できた。
でも、冒頭の電車での夢には引き込まれた。
読み終わって、何だか、もったいないというか期待していたものとは違っていた。じゃあ、どんな結末だったらよかったのかと考えてみたけれど、当然、私ごときの想像力では足りない。

恩田陸は、学校がすきだったのかな?決して、そうは思えない。でも、学校という閉じられた場所では、どんなことも起こりうる気がする。そして、解決されなくとも守られるというか、許される、黙認される何かがあるから、この人の描く物語が成り立つのだろう。

この『麦の海に沈む果実』は、ある意味、グロテスクで、同時にどこか憧れるような学校生活が描かれていると思う。

スポンサーサイト
02 : 31 : 13 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<勉強になった | ホーム | イソガスィー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://runruntaiko.blog60.fc2.com/tb.php/264-5f4e699f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。